CROSS CROSSE

世界最高峰のラクロスをアジアに展開するために、プロラクロス選手の山田幸代が主催するスポーツイベント。ラクロスの国際親善マッチ、海外選手を招致してクリニックを開催中。

PROFILE

日本初のプロラクロスプレイヤー。
2017年ワールドカップオーストラリア代表

ラクロスプレイヤー 山田幸代

1982年8月18日生まれ。滋賀県出身。
中学、高校時代はバスケットボール部に所属。滋賀県立長浜北星高校では1年時からレギュラーとして活躍し、3年連続で全国大会に出場。チームのキャプテンも務めた。大学時代、「たまたま友人に誘われて」ラクロスに出会い、ラクロスの魅力にとりつかれる。元来持っている負けん気の強さと、バスケットボールで鍛えた判断力や瞬発力を活かし、瞬く間に成長。ラクロスを始めた翌年に、年代別の日本代表に選出される。その後は数々のタイトルを獲得し、2005年には日本代表としてワールドカップに出場。5位入賞の原動力となる。また、この2005年には大学を卒業し、某大手通信会社に就職。社内でトップセールスを記録するなど、プロ活動を始めるまで営業職とラクロスを両立していた。
2007年9月にプロ宣言し、現在は日本初のプロラクロス選手として活躍中。

日本初のプロラクロスプレイヤー。
2017年ワールドカップオーストラリア代表

ラクロスプレイヤー 山田幸代

1982年8月18日生まれ。滋賀県出身。
中学、高校時代はバスケットボール部に所属。滋賀県立長浜北星高校では1年時からレギュラーとして活躍し、3年連続で全国大会に出場。チームのキャプテンも務めた。大学時代、「たまたま友人に誘われて」ラクロスに出会い、ラクロスの魅力にとりつかれる。元来持っている負けん気の強さと、バスケットボールで鍛えた判断力や瞬発力を活かし、瞬く間に成長。ラクロスを始めた翌年に、年代別の日本代表に選出される。その後は数々のタイトルを獲得し、2005年には日本代表としてワールドカップに出場。5位入賞の原動力となる。また、この2005年には大学を卒業し、某大手通信会社に就職。社内でトップセールスを記録するなど、プロ活動を始めるまで営業職とラクロスを両立していた。2007年9月にプロ宣言し、現在は日本初のプロラクロス選手として活躍中。

京都国際観光大使
京都マラソン応援大使(2015年~)
京都産業大学の広報大使「むすびわざアンバサダー」(2013年4月~2018年3月)
リカーマウンテン イメージキャラクター(2009年~)
世界ラクロス協会選手会メンバー(世界で男子3名、女子3名の6名で構成) アジア、オセアニア代表

ABOUT

2007年9月にプロ宣言。ラクロスをメジャーにするためには、日本のラクロスが強くならないといけない。
自らが世界のトップを経験するため、2008年、強豪オーストラリアのチームに移籍。
言葉の壁や体格差も持ち前の明るさとコミュニケーション能力で乗り越え、戦い続けた結果、2017年ワールドカップオーストラリア代表に選出された。これはサッカーでスペイン代表に、ラグビーでオーストラリア代表に日本人が入るような快挙。結果は惜しくも4位とW杯でのメダルは逃したが、翌月のワールドゲームズにて見事銅メダルを獲得し、世界大会で初めてメダルを獲得した日本人ラクロッサーとなった。
長期的な目標は、世界の技術を日本に持ち帰り、日本の代表監督として日本を強くし、「ラクロス選手になること」が日本の子供達の夢になること。競技者として活躍する一方、強豪国の選手を日本に招いてクリニックを積極的に開くなど、競技の普及にも尽力するラクロス界のパイオニア。

2007年9月にプロ宣言。ラクロスをメジャーにするためには、日本のラクロスが強くならないといけない。
自らが世界のトップを経験するため、2008年、強豪オーストラリアのチームに移籍。
言葉の壁や体格差も持ち前の明るさとコミュニケーション能力で乗り越え、戦い続けた結果、2017年ワールドカップオーストラリア代表に選出された。これはサッカーでスペイン代表に、ラグビーでオーストラリア代表に日本人が入るような快挙。結果は惜しくも4位とW杯でのメダルは逃したが、翌月のワールドゲームズにて見事銅メダルを獲得し、世界大会で初めてメダルを獲得した日本人ラクロッサーとなった。
長期的な目標は、世界の技術を日本に持ち帰り、日本の代表監督として日本を強くし、「ラクロス選手になること」が日本の子供達の夢になること。競技者として活躍する一方、強豪国の選手を日本に招いてクリニックを積極的に開くなど、競技の普及にも尽力するラクロス界のパイオニア。

RECORD

学歴

  • 学士学位| 2005 年 3 月 | 京都産業大学 · 専攻: 経営学部 経営学科
  • 修士学位 | 2016 年 3 月 | 京都産業大学 · 専攻: マネジメント研究科 マネジメント専攻

講演記録

                                                     
2005年~現在 江戸川区子供向けラクロス教室開校
2007年~現在 ラクロスクリニック(全国各地)
2007年 JFL(日本サッカー協会)心のプロジェクトに「夢先生」として参加 →小学生への講義
2009年 滋賀県近江八幡市体育協会へ講演を行う
2009年 京都産業大学40周年記念式典講演
2009年 「第20回 埼歯健康ウォーキング」ゲスト出演
2010年 奈良県小学校で小学6年生全クラスへ講演会
2011年 関西大学 講演
2008年 全日本クラブ選手権「FUSION」優勝
2013年~2017年 京都産業大学でのゲスト講師としての授業(4回)
2013年 滋賀県近江八幡市 平和堂 トークショー
2014年 京都市南宇治中学校全クラスへの講演会
2014年 京都府亀岡 つつじが丘小学校講演
2014年~2017年 京都産業大学 OB総会での講演(3回)
2016年 小川珈琲東京 トークショー全2部
2017年 ITベンチャー企業社⾧定例会 講演
2018年 ゼネコン企業社⾧定例会 講演
2018年 東京都奥多摩市 東京都青少年プロジェクト 講演
2018年S&Bちびっこ健康マラソン大会 ゲスト出演、プレゼンター
2018年オリ・パラ授業@葛西第2中学校 講演(USA選手と共に)
2018年京産大 OB総会にて講演
他多数

クリニック

2008年~2015年 オーストラリア Wilderness Lacrosse Club U13 コーチ開始
2010年 香港選手へのラクロスクリニック @香港
2011年~現在 毎年3月 山田幸代と行くオーストラリアツアー開催 @Adelaide
2015年~現在 毎年2月 サンフラワーカップ(現 CrossCrosseCup)開催 @日本各地

掲載記録

執筆

  • 2009年~2010年 共同通信 毎月1回更新 コラム
  • ラグビーリパブリック 日本代表選手へのインタビュー
  • ラグビー協会 HP Brave Blossoms の軌跡
  • 山田幸代の「I Love Lacrosse」DVD発売【出演】

テレビ

  • 「ジャンクスポーツ」、「すぽると」、「V メシ」、「めざましどようび」(フジテレビ)
  • 「メヂカラ」「KUNOICHI」(TBS)
  • 「Challenge! Global Athlete」(Jスポーツ)
  • 「Flowers」(WOWWOW)
  • 「スポマガ」出演(BS日テレ)
  • 「ABC 篠山マラソン」、「ゴール アスリートの夢」(朝日放送)
  • 「サンデースポーツ」(NHK)
  • 「敦のスポダビ」(フジテレビ)
  • 「おねがいランキング!1秒1000円ベストバウト」(テレビ朝日)
  • 「サンデーSPORTSスクエア もう一つの物語」(NHK)
  • 「未来の作り方」(テレビ東京)
  • 「おうみ630」(NHK 滋賀)
  • 「心の旅」(関西テレビ)
  • 「ラクロスWORLD CROSSE in JAPAN」(スカパー!)
  • 「Almond Breeze」 コマーシャル など

ラジオ

  • TBSラジオ、FM東京、FM横浜、MBS ラジオ、東海ラジオ、毎日放送、東海ラジオ、FM京都、文化放送(計50本以上)

新聞、雑誌、WEB掲載

  • 朝日新聞、産経新聞、神奈川新聞、京都新聞、東京中日スポーツ、サンケイスポーツ、日本経済新聞、共同通信社、デイリースポーツ、読売新聞、スポーツ報知、Yahoo ニュース、日刊

職務経歴

2014年~2018年 京都市国際観光大使
2014年~現在 京都マラソン応援大使
2013年~2015年 京都産業大学50周年記念広報大使
2015年~2017年 京都産業大学神山Style 広報大使
  • 営業部 | 株式会社USEN | 2年4か月·営業成績No,1
  • 代表取締役社⾧ | 株式会社 LITTLESUNFLOWER | 2016年7月~現在
  • Cross Crosse アパレル立ち上げ
  • 毎年2月Cross Crosse Cup 開催
  • 毎年11月World Crosse 開催
  • 毎年3月 山田幸代と行くオーストラリアツアー開催
  • 専任講師/女子ラクロス部ヘッドコーチ |西武文理大学 | 2018年4月~現在
  • メインコーチ |早稲田大学女子ラクロス部 |2018年2月~現在

戦績

バスケットボール

                                   
1998年~2000年 Winter cup(全国大会)出場
1999年ミニ国体(国体予選近畿大会)滋賀県代表として出場
2000年ミニ国体(国体予選近畿大会)滋賀県代表 副キャプテンとして出場

ラクロス

2001年 京都産業大学経営学部入学 女子ラクロス部に入部、関西ユース代表、 U20日本代表に選出
2002年 日本代表選出、関西ラクロスリーグ戦1部 BEST12
2003年 関西ラクロスリーグ戦2部 BEST12、関西ラクロスリーグ戦2部 BESTプレイヤー
2004年 日本代表として国際試合出場、関西ラクロスリーグ戦2部 BEST12、関西ラクロスリーグ戦2部 得点王、関西ラクロスリーグ戦2部 BESTプレイヤー
2005年 ワールドカップ日本代表 5位入賞、クラブチーム「FUSION」に設立メンバーとして加入。
2007年 日本人ラクロス選手初のプロ宣言
2008年 全日本クラブ選手権 優勝、全日本選手権 優勝
2009年 西日本リーグの「NLC SCHERZO」に加入
2011年 全日本選手権「NLC SCHERZO」優勝
2014年 全日本クラブ選手権「NLC SCHERZO」優勝

海外挑戦

                                                     
2007年 ハワイトーナメント 大会優秀選手(アメリカのクラブに一時加入)
2008年
3~9月
オーストラリアリーグの強豪「Wilderness」に加入、リーグ戦2位(プレーオフ進出)、MOM(マンオブザマッチ)を2度受賞
2009年
3~9月
オーストラリアリーグ「Wilderness」に加入(2年連続)
2010年 オーストラリアリーグ「Wilderness」(リーグ年間オールスターチーム選出、南オーストラリア州代表チーム選出)、オーストラリアリーグ Wildernessリーグ準優勝に貢献、オーストラリアリーグオールスターチーム選手、選手登録をオーストラリアに変更
2011年全豪チャンピオンシップ 大会ベスト10選出、南オーストラリアリーグ リーグ年間MVP、南オーストラリアリーグ リーグ年間ベスト10、南オーストラリアリーグ チーム年間MVP、オーストラリア代表チャレンジ
2012年南オーストラリアリーグ 年間ベスト10(3年連続)、南オーストラリアリーグ オールスターチーム選出(3年連続)、Wilderness Lacrosse Club チーム年間MVP(3年連続)、7月 世界選抜18名に選出 ロンドンでのエキシビジョンマッチに出場、ラクロスワールドカップオーストラリア代表に最終選考で落選、10月 オーストラリア代表候補28名に選出され、アメリカ遠征へ
2013年 オーストラリア23歳以下代表アシスタントコーチに選出、アジアパシフィックカップ出場 2位
2014年 Wilderness Lacrosse Club チーム年間MVP(4年連続)
2016年 オーストラリアリーグの強豪「Caulfield(本拠地:メルボルン)」に加入、全豪選手権優勝、オーストラリア代表18名に選出
2017年ラクロスワールドカップにオーストラリア代表として出場(4 位)、ワールドゲームズ(ラクロス競技)にオーストラリア代表として出場、日本人初(アジア人初)となる世界大会で銅メダルを獲得

Privacy policy

2018 © Sachiyo Yamada.